万華の湯(ばんかのゆ) 中富良野町

少し前の話になりますが、春のお彼岸に田舎にある墓参りと菩提寺にある納骨堂へ行って来ました。
お彼岸とお盆に故郷の墓参りをすることは我が家の年中行事となっています。


田舎を離れ38年経ちますが、年々過疎化が進んでいることを肌で感じます。


いつもであれば、故郷自慢の「妹背牛温泉ペペル」へ立ち寄るところですが、今回我が家の健康の源となっている名水を汲みに行くため先を急ぐため通過させていただきます。


妹背牛町から深川留萌道、深川西ICから道央道を経由し旭川鷹栖ICまで移動します。
その後は一般国道を利用し美瑛方面へ走行します。


まだまだ名水の水汲み場には多くの雪が残っています。

水汲み場

日曜日ということもあり多くの方が水汲みに訪れていました。



名水を汲み終えた後、久し振りにこちらの温泉へ立ち寄ってみました。


中富良野町にある「万華の湯(ばんかのゆ)」です。

国道看板




タオル付きとはいえ、日帰り入浴料金が大人980円(子供500円)はちょっと高めです。

こちらが温泉の建物です。お隣はホテル宿泊棟になっています。

建物正面




館内に温泉の説明書きがありました。

温泉説明




内風呂からガラス越しに雪化粧した山並みが見えます。

内風呂から外を見る


お湯は源泉掛け流しという訳ではありませんが、日曜日にも関わらず空いていたのでゆっくりと入浴できました。



露天風呂から見る山々は圧巻ですね。

※写真をクリックすると拡大表示されます。
露天パノラマ画像


正直、泉質的には温泉ファンにとって少々物足りなさを感じますが、たまにはこうした温泉も良いですね。

地域に多くの方が訪ねていただく資源として、やはり温泉は重要な位置づけだと思います。




住所は
北海道空知郡中富良野町東1線北18号
電話0167-39-3100

日帰り入浴(貸タオル・バスタオル付)
 営業時間 AM10:00~PM10:00
 (入浴受付はPM9:00まで)
 ■大 人       980円
 ■小 人(4~12才)500円
 ※入湯税・消費税含む

●「万華の湯(ばんかのゆ)」ホームページ ※スパ&リゾート ふらのラテール
http://www.f-laterre.com/



■「万華の湯(ばんかのゆ)」はこちらです。








この記事へのコメント


この記事へのトラックバック