夫婦九州旅計画

1994年7月30日、子供の夏休み期間を利用し我が家は北海道からマイカーで九州まで9泊10日の旅をしました。
https://onsenmanhokkaido.seesaa.net/article/200609article_5.html
行きは小樽港→新潟港、帰りは今はなき直江津港→岩内港の航路を利用しました。

あれから29年、子供も独立し最近は夫婦で全国を気ままに旅しています。

今年は夫婦で下記の温泉旅(観光列車乗車含む)をさせていただきました。

■2月10日(金)~2月11日(土)「函館湯の川温泉旅」
https://onsenmanhokkaido.seesaa.net/article/498152431.html
 自宅
  ↓
 道の駅「しかべ間歇泉公園
 
s640-DSC_5682.JPG

  ↓
 大船下の湯 ※リニューアルオープン後
 
DSC_5706 (1)-e.JPG

  ↓
 五稜乃蔵
 
s640-DSC_5715.JPG

  ↓
 湯の川温泉「プリンスホテル渚亭」(泊)
 
s640-P2110017.JPG

  ↓
 道の駅 「なないろ・ななえ
 
s640-DSC_5780.JPG

  ↓
 八雲(ラーメン)
 
s640-DSC_5803.JPG

  ↓
 道の駅 「望羊中山」※あげいも
 
s640-DSC_5810.JPG

  ↓
 自宅


■5月12日(金)~5月15日(月)「四国観光列車乗車と三朝温泉旅」
https://onsenmanhokkaido.seesaa.net/article/499370078.html

 新千歳空港
 
s640-DSC_6853-M.JPG

  ↓
 神戸空港
 s640-Point Blur_20230513_001256.jpg
  ↓
 三ノ宮(コンフォートホテル神戸三宮泊)
 
s640-DSC_6865.JPG

 三ノ宮(レンタカー調達)
 
s640-DSC_6881.JPG

  ↓
 高知駅
 
s640-DSC_6916.JPG

  ↓
 観光列車乗車(志国土佐時代の夜明けのものがたり
s640-DSC_7129.JPG

  ↓
 松山(ドーミーイン松山泊)
 
s640-DSC_7132.JPG

  ↓
 松山駅
 
s640-DSC_7169.JPG

  ↓
 観光列車乗車(伊予灘ものがたり
s640-Point Blur_20230514_180759-M.jpg

  ↓
 三朝温泉(泊)
s640-DSC_7445.JPG

  ↓
 若桜駅(若桜鉄道・鉄印
 
s640-DSC_7479-T.JPG

  ↓
 北条町駅(北条鉄道・鉄印
 
s640-DSC_7505.JPG

  ↓
 有馬温泉
 
s640-DSC_7534-M.JPG

  ↓
 三ノ宮(レンタカー返却
  ↓
 神戸空港
  ↓
 新千歳空港


■6月17日(土)~6月18日(月)「只見線・雪月花の旅」
https://onsenmanhokkaido.seesaa.net/article/499370078.html

 新千歳空港
 
s640-DSC_8180.JPG

  ↓
 仙台空港
 
s640-DSC_8205.JPG

  ↓
 仙台空港駅
 
s640-DSC_8207.JPG

  ↓
 仙台駅
 
s640-DSC_8209.JPG

  ↓
 仙台駅東口バスターミナル
 
s640-DSC_8217.JPG

  ↓
 会津若松駅前
 
s640-DSC_8237.JPG
 
  ↓
 会津若松(東横INN会津若松駅前泊)
 
s640-DSC_8235.JPG
 
  ↓
 会津若松駅 ※「只見線・雪月花の旅」
 
s640-DSC_8336.JPG

  ↓
 只見駅
 
s640-DSC_8512 (1).JPG

  ↓
 小出駅
 
s640-DSC_8557-M.jpg

  ↓
 長岡駅
 
s640-DSC_8562.JPG
 
  ↓
 青海川駅
 
s640-DSC_8594.JPG

  ↓
 犀潟駅
 
s640-DSC_8602.JPG

  ↓
 直江津駅
 
s640-DSC_8603.JPG

  ↓
 上越妙高駅
 (北陸新幹線
 
DSC_8617.JPG

  ↓
 東京駅
 
s640-DSC_8626-M.JPG

  ↓
 新橋駅(ゆりかもめ
 
s640-DSC_8629.JPG

  ↓
 市場前駅
  ↓
 ラビスタ東京ベイ(泊)
 
s640-DSC_8632.JPG

  ↓
 豊洲駅
  ↓
 豊洲駅空港連絡バス乗り場
  ↓
 羽田空港第2ターミナル
  ↓
 羽田空港駅(京急)
  ↓
 東銀座駅
  ↓
 銀座駅
  ↓
 有楽町駅
  ↓
 東京駅
  ↓
 東京駅(地下鉄丸ノ内線)
  ↓
 押上駅
  ↓
 東京スカイツリー
  ↓
 押上駅(地下鉄都営浅草線)
  ↓
 浅草駅
  ↓
 浅草寺
  ↓
 浅草ビューホテル(羽田空港リムジンバス)
  ↓
 羽田空港第2ターミナル
  ↓
 新千歳空港

カミさん大満足の「鉄道&温泉」旅となりました。

最近、我が家高齢夫婦は「量より質」の旅を満喫させていただいています。

※私はこの他に単独で下記旅もさせていただきました。
 ・2月:「流氷物語号」・「SL冬の湿原号
s640-DSC_5454.JPG

s640-Point Blur_20230204_143428.jpg


 ・5月温泉ソムリエ公式オフ会in青森
  https://onsenmanhokkaido.seesaa.net/article/500005347.html

今年の夫婦旅締めくくりは「鹿児島」を含む「九州」への旅を計画しています。

昨年3月夫婦で福岡→大分(別府泊)→愛媛(道後温泉泊)→広島→山口(湯田温泉泊)→福岡、3泊4日の旅をしました。
https://onsenmanhokkaido.seesaa.net/article/202203article_1.html

私は現在68歳です。

日本の男性平均健康寿命は72歳です。
私にはあと4年しか残されていません。

ここ数年、高校・大学時代同級生の訃報を多く耳にするようになりました。

ということで今年3回目の夫婦温泉旅を道外で計画させていただきます。

先日の「只見線・雪月花」の旅を終え、カミさんに

「次に行ってみたいところは?」

と尋ねると

「桜島」

とのことでした。

29年前の九州マイカー旅で鹿児島県を訪ねていますが「桜島」には立ち寄っていません。

ということで「桜島」訪問と桜島を眺望できる温泉宿に泊まりたいと思います。

先ずは航空券を手配します。
※飛行機利用の場合、早目に手配しないとリーズナブルに遠方へ行けません。

新千歳空港~福岡空港の往復と福岡空港でのレンタカーを予約します。

昨年3月は新千歳空港→福岡空港(スカイマーク便)が片道9,600円でしたが、今回4か月前に手配完了しましたが片道15,380円で昨年より5割近く高額になっています。それだけ旅行需要が多くなっているということですね。

私は桜島訪問経験はありませんが、桜島を眺望できる温泉宿に当時の仕事仲間と12年前(2011年5月)宿泊しています。

そこは霧島温泉郷「旅行人山荘」です。
旅行予約サイトでクチコミ評価が4.8と大変高評価となっています。
20110522_341_旅行人山荘_看板.jpg

kinko.jpg


20110522_346_旅行人山荘_部屋から桜島.jpg

予約制の貸切露天風呂「赤松の湯」にも入浴できました。

ということで次回九州温泉旅2泊のうち1泊はここが最有力候補です。

次回九州温泉旅では私の趣味である「鉄印」も収集したいと考えています。
・くま川鉄道
 https://kumagawa-rail.com/

・南阿蘇鉄道
 https://www.mt-torokko.com/

その後は大分県に足を延ばし、私は訪問経験がありますがカミさんが未訪問の高濃度炭酸泉「長湯温泉」「七里田温泉」にも立ち寄りできたらと考えています。

そして2日目の温泉宿は「黒川温泉」「長湯温泉」も検討したのですが、今回は私もカミさんも未湯の「山鹿温泉」に宿泊したいと思います。

山鹿温泉でも旅行予約サイトで高い評価を得ている露天風呂付客室のある宿を予定しています。
山鹿温泉・露天風呂付客室.jpg

若い頃は1日に立ち寄り湯を何湯もいただき数を稼いでいましたが、昨年5月、1000湯達成し一区切りした感があります。

という事で最近は年齢的な事もあり少々贅沢ですが「量より質」への旅と変化してきました。

ただ若い頃と変わっていないのは車での長距離移動の点です。

今回の旅初日で300km程移動します。

山鹿温泉宿泊の翌日は旅の最終日で福岡空港へ向かいます。
新千歳便出発は14:00です。

途中「鉄印」を1ヶ所いただきます。

その場所は福岡県朝倉市甘木にある「甘木鉄道」です。
山鹿温泉から75kmの移動です。
https://www.amatetsu.jp/

鉄印をいただいてから福岡空港にある「ニッポンレンタカー福岡空港第一営業所」へ向かうのですが、その前に近くのガソリンスタンドで満タン給油します。

レンタカー返却後、福岡空港で昼食をいただく予定です。

九州地方では先日の線状降水帯により大雨被害があると聞いています。
また九州地方と言えば「台風」の心配もあります。

航空便と宿の変更はしない予定ですが立ち寄り先に無理があれば臨機応変に変更し安全運転でまいります。

どんな旅になるのかカミさんも楽しみにしています。

この記事へのコメント